スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

徒然なるままに 心に浮かびくる杖話

昨日は木曜日だったので いざ!初稽古日誌! と色めきたったのですが、
良く考えたら、第5木曜日でお休みでした。

なので特になにもありませんが、せっかくですからクイズなど出してみましょうか・・・

『虎』 『卯』 『鳩』 『鹿』 『人』
これらの漢字に共通する漢字一字が付いて熟語になるのですが、
ご存じですか?

・・・そう『杖』なんですね。

昔は杖が身近だったので色々な言葉があるのですが、
ほぼ死語の世界になってしまいました。

『虎』だけはたぶんまだ当分の間は残ってくれるでしょう。

『虎杖』で、『いたどり』と読む難解漢字ですが、
植物なんです。

ちっちゃな頃、齧ってみた方もいらっしゃるのではありませんか?
ちなみに私はあります。
確か、酸っぱかったような気がします。

枕草子にも出てきますね。

見るにことなることなきものの文字にかきてことごとしきもの。

(現代語にしたら、
~実際に見たらたいしたことないんだけど、文字に書いたら仰々しいもの~
って感じですかね。)
 
覆盆子(いちご)。
鴨頭草(つゆくさ)。
水芡(みずふぶき)。
蜘蛛(くも)。
胡桃(くるみ)。
文章博士(もんじょうはかせ)。
得業の生(とくごふのしょう)。
皇太后宮権大夫(こうたいごうくうのごんのだいふ)。
揚梅(やまもも)。
いたどりは、まいて虎杖(とらのつえ)とかきたるとか。杖なくともありぬべき顔つきを。

(~虎なんて、杖が無くても生きていけそうな顔をしているのに~)

とありました。

ふふふ
なんとなく共感できますね。
今なら漢字検定準一級レベルってところでしょうか。

↓虎杖の花です。名前に似合わない可憐さですね。
imageCDCI6JOR.jpg


スポンサーサイト

『真傳無外流居合兵道会講習会』のご案内

『真傳無外流居合兵道会講習会』
開催をご案内いたします。

日 程:平成27年12月6日(日曜日)
場 所:下関市立小月武道館
時 間:13:00~14:00 基本
    14:00~16:00 形
    16:00~17:00 組太刀
     ※予定参加者の習熟度により変更有り。


体験希望者は歓迎いたします。
運動のできる服装でおいで下さい。
ジャージの方は帯、または代わりになるものをご持参下さい。

20090728124613.jpg

『山口県杖術協会秋季講習会(共催:福岡県杖術協会)』のご案内

『山口県杖術協会秋季講習会(共済:福岡県杖術協会)』
開催をご案内いたします。

日 程:平成27年11月22日(日)
場 所:下関市民センター 屋内運動場
時 間:10:00~12:00 神道夢想流杖術
    12:00~13:00 お昼休み(昼食は各自でご用意下さい)
    13:00~15:30 神道夢想流杖術(審査会含む)
    15:30~17:00 神道夢想流剣術
講習料:1,000円

体験希望者は歓迎いたします。
運動のできる服装でおいで下さい。


↓葛飾北斎 『摩利支天』

新しいビットマップ イメージ




はじめまして

はじめまして。

下関市にあります『如水館』代表を務め、
皆さんと共に杖術を稽古しております 杖禅如水 と申します。
こちらでは、所属団体の行事をご紹介したり、
稽古日誌を書いていければと、思っておりますが、
なにぶん浅学菲才の身ですので、まったく自信がありません。

おいでの皆様に色々と教えていただけましたら幸いに存じます。

我が師によれば、「杖術をやる者は皆変人」だそうですが、
ご判断はご覧の貴方がなさって下さい。

しばしの間お留まり下さり、ご縁が結ばれましたら幸いです。

どうぞ宜しくお願いいたします。
プロフィール

杖禅如水

Author:杖禅如水
岩目地光之一貫に弟子入りし、杖術、居合を学んでおります。

所属は日本杖術協会下
山口県杖術協会です。

下関の片隅にあります一貫堂系『如水館』代表として、個性が豊かな(過ぎる?)皆さんと共に隣県福岡黒田藩ゆかりの杖術を稽古しております。

【如水館】
場所:下関市王喜公民館講堂
曜日:毎週木曜日
時間:19:00~21:30

最新記事
最新コメント
カテゴリ
ブロとも一覧
月別アーカイブ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カウンター
RSSリンクの表示
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
USBメモリウイルスの感染にご注意を!
USBメモリウイルスの感染にご注意を!
http://jyozenmizunogotoshi.blog.fc2.com/blog-entry-2.html