FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

明日は天気になれ

坂口安吾という作家をご存知ですか?

私の場合、
高校の時の国語便覧の文学史でその存在を知りました。

『無頼派』に属し、
代表作に
『堕落論』、『白痴』とあるのを見て
なんとも恰好のいいことだと感心したものです。

↓坂口安吾(他に有名な写真がありますが、あまりの汚部屋なのでこちらを)

坂口安吾


それで実際に著作を読んでみると
明治の文豪と違い、
戦後にご活躍の昭和の方だけあって
とても読みやすい文体で、
推理小説から、歴史小説、エッセイなど
なかなか面白く読ませていただいた記憶があります。

先日のお休みに本の整理をしておりましたところ、
彼の『明日は天気になれ』
という随筆を発見しました。

ゴルフとか相撲とかについて書いてあったな~くらいの記憶しかなかったのですが、
ぱらぱらとめくってみますと、


神伝夢想流・・・のタイトルが・・・

ん?
なにこれ
そんなのあったかな?
わ!

神道夢想流杖術についてのエッセイだったんですよ。


もう30年以上前ですから
著作権も引っかからないでしょうし、
短い文章ですから
全文掲載してみます。


神伝夢想流

 東京に今なおクサリ鎌の術を伝える人がいるそうだから型を見せていただこうと、
一昨年訪れたことがある。
ところが主人は戦災でクサリ鎌を失った由で、
「私はクサリ鎌をやるにはやりますが、元来は杖(じょう)を学んだものです」
「杖と仰有(おっしゃ)ると、夢想権之助の?」
「左様です。福岡に夢想権之助の神伝夢想流が今なお伝わっておりまして、
自分はそれを学んだものです」

 東京の警視庁で杖を教えている清水隆次という先生であることが分った。

 清水さんは昭和五年の天覧試合だかに杖術の型を披露するため、
神伝夢想流の先生にともなわれその高弟として上京したのだそうだ。
そのとき杖の威力が警視庁の認めるところとなり、
清水さんが乞われて東京に止って術を伝えて今日に至っている由。

 むかし共産党その他の暴動対策に警視庁の新撰組という棒部隊が出動したが、
これぞ清水さんが術を伝えた産物で、あの棒が神伝夢想流の杖だそうだ。

 清水さんから杖の型を見せていただいて、一時はただ呆然とするほど驚いたものである。

 生涯不敗を誇った宮本武蔵も夢想権之助の杖にだけは手ひどい目にあっている。
ヒイキ目に見て引き分け程度の勝負であったらしいが、
武蔵という人は後世の剣客と違って、
剣の他流だけを相手にした人ではなく、
槍でもクサリ鎌でもあらゆる武器も相手と見て剣を学んだ人だ。
そういう武蔵だから、ともかく杖と一応勝負に持ってゆけたが、
一般の剣客ではとうてい問題にならないだろうと私は思った。

 剣というものはツカと刃がきまっていて、攻撃は一点からしか起らないが、
杖は全部がツカでも刃でもあるし槍でもあり、剣のつもりで一点を見ていると、
上下左右の思わざるところから攻撃が起り、
まるで百本の杖に攻められているような幻惑をうける。

 その上、両手の幅と頭上へ手をのばした高さがあれば使えるから三畳の室内で自由に術をふるうことができる。
棒を刀のように振り廻すものとでも考えたら大マチガイで、
まるで棒が手中に吸いこまれて、
前後左右上下の諸方から無際限に目にもとまらぬ早さでとびだし襲いかかってくるものと思い知っておかねばならぬ。

 男女ともに護身用としてこれほど得がたい術はないように思ったが、
特に家に留守をまもる婦人にはこの上もない術であろう。

 もっとも人が護身用の術を必要とするような時代は慶賀すべきではないけれども、
血なまぐさい乱世の気配は遠ざかるどころか益々近づくおもむきもあって、
かかるときに、大男の暴漢ヌッと室内に上りこむや、ギャッと叫び、
とたんにヒバラを押えてひッくり返っている。
小娘が四尺二寸の杖をたずさえてニコヤカに現れるなぞという図は愛嬌もあり実効もあって面白い。

 亭主の威力地におち、女房が武力をふるうに至ると、乱世もおさまるかも知れない。
(原文まま)


とありました。

高校生の頃に読んだはずですが、
まったく記憶にありませんでした。
当時さほど感心した本でもなかったのですが、
よく手放さず持っていたものです。

坂口安吾にここまで書いて貰えるとは!
さすが杖術ですね。



それにしても
安吾は清水先生の杖術を見て書いている訳ですよね。

それって五本の乱れだったりして。

・・・う、羨ましい!





スポンサーサイト

ちょっといい話

明日11月22日(日)は、いよいよ
山口県杖術協会秋季講習会(共催:福岡県杖術協会)です。
今回は初めての審査会もありますね。

手前味噌になりますが、
うちの会では岩目地先生が自ら
詳細に渡り
多角的に御説明をしてくださるのでアンケートでも

「解りやすい。」
「あっという間に時間が経ってしまった。」

と、毎回とても好評な講習会なんです。

その上、審査会もあるとなると
とても参考になるでしょうね。

12月6日には居合の講習会も待っていますし、
年末に向けて行事が盛りだくさんで、とても楽しみです。



ところで私は現在、イベントの会場設定等の担当を
させていただいています。

地方都市下関の利点でしょうね。
会場探しに苦労されるという大都市とは違い、
会場を押えるのに困ったことはありませんでした。

ですが実は、居合講習会として指定された今度の12月6日は、
色々と当たってみても、会場が押さえられなかったのです。

いつもお願いしていた場所も、様々な行事で塞がっておりましたし、
『居合』ということで難色をしめされる場所もありました。


困って居合のできる、当日使用可能な場所はないかと、
市民活動支援センターに問い合わせました。

「会議室ならお使い下さい。」
と親切に快諾いただいたのですが、
街中なので、駐車場が1台分しかないのと、
床もリノリウム張りでしたので、
残念ながら、お礼を申し上げてあきらめました。
(下関市民活動支援センター様、ありがとうございました。)


次に市の施設というところで、市役所に問い合わせたところ、

「なるほど~。ほぼ塞がっていますね。」

「武道館で個人的に合気道の稽古されてらっしゃる方が
いますから、問い合わせてあげましょう。」


植芝盛平先生


と、取り次いで下さいました。
(スポーツ推進課のM様ありがとうございます。)

すると、合気道の稽古をされてらっしゃるという
3名の代表、H様が快く
「居合の講習会に使用されて構いませんよ。」
とお返事下さったのです。
(H様、I様、I様、ありがとうございます。)

お礼のお電話で
「同じ武術をしている者どうし、宜しかったら
参加されませんか?」とお誘いすると、
「ぜひ参加させて下さい。」とのお返事。

「11月22日に杖術の講習会があるのですが、
そちらもどうですか?」

「宜しければ。」

という訳で

合気道の稽古がおありなので、午前中だけではありますが、
今回の杖術と居合の講習会には、そのH様と、一緒に稽古されてらっしゃるI様との
お二人が参加して下さいます。

お電話でお話しかしておりませんので
私もお目にかかるのは初めてですが、
武道家らしい爽やかな方々と知己を得られるなんて、
幸運で、素敵なことですよね。

楽しみが増えました。




『Web秘伝』に掲載していただきました

ご覧の皆様、如水館ブログのリンク先の一つなのですが、
『Web秘伝』ってご存知ですか?

そう。

私も機会があれば、各流派の達人伝など
大変興味深く拝読しておりますが、
武術に関わる方なら、
『月刊秘伝』という雑誌はご覧になったことが
おありですよね。
そちらのホームページなんです。

実は『月刊秘伝』には過去に、

ご存じ東京都杖道連盟のあの方やあの方も
載ってたりします。

また、福島県のO先生も寄稿されたり、
記事に掲載されたりしているという、
昔からの所縁があるんですね。


・・・・という訳で、

・・・・・・・・図々しくも

・・・・・・・・・・・・・・な、な、なんと

掲載していただいちゃいました。



Web秘伝様、ありがとうございます。
如水館は小さな小さな道場ですが、
道場ガイドに載せていただけました。
励みにみんなで頑張ります。


また、行事ガイドには、山口県杖術協会秋季講習会
(共催:福岡県杖術協会)の告知もされています。

どこのどなたがおいでになっても
満足していただけるであろう
私たち自慢の盛り沢山な講習会を
全国にお知らせできるなんて
本当に嬉しいことですね。

↓錦朝楼芳虎 「武芸達人双六」

武芸者すごろく


全国から色々な方が来てくださると素敵ですよね。
私たちだけじゃ、本当にもったいないんですもの。


12月6日の居合の講習会も
掲載していただけるといいですね。



あ、そういえばですね。


杖術という武道の特性のせいですかね。
私たちの団体は、過去に何度か新聞や雑誌に
取材等していただいているのですが、

現在、建物改修で閉鎖されているとうかがった
東京都杖道連盟の九段道場さんは、
L'Arc〜en〜Ciel のファンクラブ会報にも
載ってましたよ。

打太刀JYさんで仕杖KT(M)さんの
写真もあって、まるまる1ページだったと思いますけど。


なんとも誇らしい気持になったものでしたね。










Happy Birthday!

さる10月26日は師 岩目地光之一貫のお誕生日でした。

福岡県、山口県の弟子、生徒有志11名で
ささやかなお品を贈らせていただきました。

↓こちらの万年筆です。

万年筆


初見の有志の方、画像が暗くてごめんなさいね。

杖の全国大会が東京で開催された時の記念品で、
岩目地先生がお気に入りの
とても書きやすいボールペンと
よく似た木目の軸なんですよ。

↓岩目地先生に無理やり万年筆を持っていただいての1枚

岩目地先生

とっても恥ずかしそうでいらっしゃいますね。

この万年筆で年賀状を書いて下さるそうですが、
同じくらい書きやすいといいなと思います。


・・・ちなみに

万年筆は、お嬢さん方の厳しい吟味に
一応合格したようですよ。

↓詳細にチェックするお嬢さん方

群がるお嬢さん方

みんなが大好きな岩目地先生、
お誕生日おめでとうございます。
いつまでもお元気でいらしてくださいね。


『スポーツ元気県やまぐち推進団体』に登録されました

この度
私たちが所属する『山口県杖術協会』が

『スポーツ元気県やまぐち推進団体』に登録されました。

山口県県民活動支援センター
下関市民活動支援センター

に引き続いて3件目です。
ありがとうございました。

承認団体として、のぼり旗やポスターも送って下さいました。
それを見たMさんの一言がかわいかったです。

「ちょるるは来るんですかね?」

貴方が望むなら来てくれますよ。
たしか165cm以下の人間なら大丈夫なはずです。

・・・いえいえなんでもありません。
中の人などいませんよ。・・・

↓これが山口県本部長のちょるる君です。
うん、来て欲しいですね。

ちょるる
プロフィール

杖禅如水

Author:杖禅如水
岩目地光之一貫に弟子入りし、杖術、居合を学んでおります。

所属は日本杖術協会下
山口県杖術協会です。

下関の片隅にあります一貫堂系『如水館』代表として、個性が豊かな(過ぎる?)皆さんと共に隣県福岡黒田藩ゆかりの杖術を稽古しております。

【如水館】
場所:下関市王喜公民館講堂
曜日:毎週木曜日
時間:19:00~21:30

最新記事
最新コメント
カテゴリ
ブロとも一覧
月別アーカイブ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カウンター
RSSリンクの表示
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
USBメモリウイルスの感染にご注意を!
USBメモリウイルスの感染にご注意を!
http://jyozenmizunogotoshi.blog.fc2.com/blog-entry-2.html