FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『或阿呆の一生』の終わりは

前回触れたお出かけプランは、
無事6月22日(水曜日)に予約が取れました。

さてこの”杖禅如水企画立案の目隠しツアー”に
ご興味がおありの方はおいででしょうか?

もし宜しければ、ご一緒にいかがですか?
Jolyさんに倣って、
つたないながらも『旅のしおり』作りましたので
同行して下さる方には、もれなく差し上げますよ。


・・・ところで、お詫びせねばなりません。

私、”大宰府にいかなきゃ”と書いていますよね。

・・・間違いました。

”福岡県の小郡市にいかなきゃ”の誤りでした。

もの知らずが故の過ちです。
申し訳ございません。



あんぽんたん♪だとか、
とんちんかん🎶だとか、
リズミカルな罵り言葉が自分の中で
くるくる回っていますが、
今回は
”阿呆”にしておきます。

又吉直樹さんの
『火花』という作品のタイトルは、
芥川龍之介さんの
『或阿呆の一生』の八番から
着想を得られたそうですね。

なんだか芥川賞を受賞するべくして
受賞されたような感がありますが、
その本家本元の『或阿呆の一生』の結びには
杖が出てきます。



彼は唯薄暗い中にその日暮らしの生活をしてゐた。
言はば刃のこぼれてしまつた、細い剣を杖にしながら。




小中学校の頃から接してきた
華麗で冷徹な文章には、
なまくら刀による醜い傷跡は
見当たらないように思いますが,
この作品の1ヶ月後の7月24日に
彼は自死してしまいます。


本物の阿呆である私にはもちろん、
優れた方々でもきっと
見つけることができないであろう
ほんの僅かな刃こぼれや、
その切れ味が
名刀の持ち主である彼には
許せなかったのでしょうか。

芥川龍之介



・・・研ぎにだせば良かったのに。

彼が阿呆と称したのは
どういう自分だったのでしょうかね。


私はそれこそ、最後まで阿呆でありましょう。
だからこそ、
滑らかで
穏やかな
優しい杖を手にしていたいものです。






スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

杖禅如水

Author:杖禅如水
岩目地光之一貫に弟子入りし、杖術、居合を学んでおります。

所属は日本杖術協会下
山口県杖術協会です。

下関の片隅にあります一貫堂系『如水館』代表として、個性が豊かな(過ぎる?)皆さんと共に隣県福岡黒田藩ゆかりの杖術を稽古しております。

【如水館】
場所:下関市王喜公民館講堂
曜日:毎週木曜日
時間:19:00~21:30

最新記事
最新コメント
カテゴリ
ブロとも一覧
月別アーカイブ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カウンター
RSSリンクの表示
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
USBメモリウイルスの感染にご注意を!
USBメモリウイルスの感染にご注意を!
http://jyozenmizunogotoshi.blog.fc2.com/blog-entry-2.html